¥真作保証¥高塚省吾10号裸婦美少女傑作☆国会議事堂所蔵画家

アロハ~
本日も 人物画 を 少しだけ ググってみようかな?

なんて おもってます。









¥真作保証¥高塚省吾10号裸婦美少女傑作☆国会議事堂所蔵画家





価 格  :247,000円
終了予定:2016年09月01日23時49分
◆露になった乳房に、鑑賞者は否応無しにも視線を奪われます。モデルは、羞恥心を隠そうと我々から視線を逸らし、やや堅い表情を作っていますが、その仕草が微妙なエロティシズムを感じさせます。画家とモデルとの間には予期せぬ緊張感が生まれ、作者はあえてそれを掬い取ることで、瞬間的な心の動きを巧みに捉えています。高塚省吾はヨーロッパに取材していた頃に、「モデルは18歳に限る」という趣旨の発言をしていました。それは女性が最も美しく輝く季節が、その年頃と考えたからで、この作品にもそのような理想主義の探求が見て取れます。
高塚省吾 「裸婦」 55×37㎝ 額サイズ78×61cm 紙にパステル 右下にサイン 作品コンディション概ね良好
現代の裸婦画の第一人者と称され、絵画のみならず映画美術やバレエの衣裳、舞台装置などで才能を発揮した高塚省吾。1930年(昭和5年)岡山県出身の画伯は、’49年東京芸術大学美術学部油画科に入学し、梅原龍三郎、硲伊之助、林武らに師事しました。卒業後は日本アンデパンダン展に出品し、’54年に同窓の仲間と「8人の会」を結成し第1回展を主催、’55年に村松画廊で初個展を開催しました。数多くの展覧会で作品を発表し入賞を重ね、’81年には旧ソビエト連邦文化省に招待されたほか、TVコマーシャルからディスプレイデザインまでをマルチに手掛けました。その後は画業に専念し、現代の裸婦展、太陽展、日動展に招待出品し、個展の回数が150回を超えるほどの絶大な人気を誇りました。繊細優美な色香を放つ裸婦は、洋画でありながら日本的な美意識で表現され、妖艶な眼差しと凛とした佇まいに魅了されます。作品は、国会議事堂、笠松日動美術館などに所蔵されています。
1930年 岡山県出身
1949年 東京芸術大学油画科入学
1953年 東京芸術大学油画科卒業(梅原龍三郎教室)
      梅原龍三郎、硲伊之助、久保守、林武に師事
1955年 日本アンデパンダン展出品(以後6回)
      初個展開催(銀座・村松画廊)
      映画美術、バレエ舞台美術、衣装デザイン、台本、挿絵などを担当







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク