¥真作保証¥栗原喜依子6号少女松坂屋取扱作名鑑240万豪華古径額

という訳で・・・ 元気出していきまっしょい! うおりゃ~~!!!



そんなこんなで 相も変わらず 人物画関係の ヤフオクについて 調べていくことにしましょう。



広島 にいる 小学生の甥っ子 が、



サッカーの 部活で 大きな大会に レギュラーで出場する みたい。



観戦に 行けない けど

ここから 応援しよう!









¥真作保証¥栗原喜依子6号少女松坂屋取扱作名鑑240万豪華古径額





価 格  :122,000円
終了予定:2016年08月18日23時56分
◆美術名鑑では1号あたり40万円という評価を得ています。6号サイズなので240万円となります。
◆本作は、松坂屋取り扱い作品です。
◆本作の額は古径です。
◆松坂屋が取り扱った本作は、非常に出来の良い名品で、乳白色の画面に物憂げな視線を投げかける美女が描かれています。ドレスから見える肌は、丹精込めて平塗りを重ねた絵肌によって、思わず手にとって触れたくなるような艶と輝きを放っています。藤田嗣治の流れを汲む繊細な輪郭線と仄かな陰影による緻密な描写は、柔軟な肢体を完璧なまでに映し出し、さらに、手に持つ蘭が初々しさをさりげなく引き立てています。栗原喜依子は、「色々なイメージで作品を観られることが意図するところであり、自由な感想を持ってもらうことが制作の喜び」と語ってくれましたが、余計なものを一切描かない背景は、鑑賞者の想像力をイマジネイティブに膨らませてくれます。藤田の系譜を受け継ぎつつも独自に発展させた類例を見ない磁器のようなマチエールと、細部にまで行き届いた描写は、エロティシズムを超越した神秘的なイメージに彩られ、気品ある美の情趣に溢れています。女性像に絶大な人気と高い評価を誇る栗原喜依子ならではの理想像がここに完結しており、その没後も永遠に輝き続けるに違いありません。
栗原喜依子 「花をもつ少女」 F6号 額サイズ66×56cm キャンバスに油彩 左下にサイン 裏にタイトル・サイン・松坂屋シール 作品コンディション概ね良好(部分的にニュウがありますが技法上の必然の現象とご理解ください)
魅惑的な女性を描く女流画家として当代随一の人気を誇った栗原喜依子。1935年(昭和10年)茨城県出身の画伯は、’58年女子美術大学洋画科を卒業し、NHK美術部に務めながら二科展に出品を始めました。結婚後に一念発起し、’66年にフランスへ留学、翌年には当地で開催されたル・サロン展で銀賞を受賞して脚光を浴びました。その年には二科展でも特選に選出され、以降同展に出品を続け、没年までその中心的な存在として活躍しました。以降は、たびたびヨーロッパに取材に出掛け、安井賞展、具象現代展、現代の裸婦展などに出品を重ねた他、多数の個展を開催し絶大な支持を得てきましたが、2009年に惜しまれつつ亡くなりました。画伯の最大の魅力はキャンバスの継ぎ目が分からなくなるまで丹念に塗り込まれた白磁のようなマチエルで、下塗りに数ヶ月の時間を掛けることによって生み出される滑らかな絵肌は、比類なき美しさを奏でます。
1935年 茨城県出身
1958年 女子美術大学洋画家卒業
1965年 二科展出品 (以降毎年出品)
1966年 フランス留学







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク