¥真作保証¥宮本三郎3号少女☆画集掲載同種作名鑑1800万☆日動画廊取扱作☆芸術院会員☆豪華絢爛最高傑作☆勲二等瑞宝章

来年にでも 同級生だった 内田と 旅行に出かけようと いうことになった。


できることなら、 東京に 行きたいな。








¥真作保証¥宮本三郎3号少女☆画集掲載同種作名鑑1800万☆日動画廊取扱作☆芸術院会員☆豪華絢爛最高傑作☆勲二等瑞宝章





価 格  :93,000円
終了予定:2017年12月07日22時57分
◆本作とサイズ違いの作品が、昭和52年朝日新聞社より刊行された「宮本三郎画集」に掲載されています。添付された画像と比べて頂いても本作とほぼ同じで、このコルシカの娘が宮本三郎にとっていかに重要な画題であるかがお分かり頂けると思います。
◆美術名鑑では1号あたり600万円という評価を得ています。3号サイズなので1,800万円となります。
◆本作は、日動画廊取り扱い作品です。
◆本作は、女性画の巨匠・宮本三郎が、その本領を存分に発揮した一枚で、流麗な描線や雅なフォルムなど、画伯ならではの世界が築かれています。後輩に当たる宮永岳彦が「ふと考えてみると、宮本さんの後を後を追っているように思う」と述懐したように、当時の画壇において画伯は憧れの的であり、畏敬にも近い心情で愛されていました。横顔を優美に捉え、ゴージャスな筆捌きと明るい色彩で描かれた女性の容貌からは、大人になりつつある色香が見え隠れし、その寛いだ雰囲気からモデルと画家の間には親子の情愛に似たものを感じます。本作を見ていると、巨匠画家のピュアな心境に触れるようで心が和みます。
宮本三郎 「コルシカの女」 F3号 額サイズ47×41cm キャンバスに油彩 右下にサイン 裏にタイトル・サイン・日動画廊管理番号シール 作品コンディション概ね良好

傑出した表現力で希にみる鬼才と謳われた昭和を代表する画家、宮本三郎。1905年(明治38年)石川県出身の画伯は、中学時代に画家を志し15歳で上京、川端画学校で藤島武二らに学びました。’23年光風会展、’27年二科展で初入選を果たすなど、若くしてその才能を開花させ、’36年二科会会員に推挙されました。戦前は二科展を中心に作品を発表し、’35年東京世田谷にアトリエを移すと、以降は新聞連載小説や雑誌の仕事の依頼が殺到し、岸田國士「雙面神」の挿絵などで、その名が広く知れ渡りました。’38年に渡欧し、パリのアカデミー・ランソンに学び、帰国後の二科展で発表された滞欧作が絶賛されました。大戦が始まると戦争記録画家として中国や南方に派遣されることを余儀なくされましたが、戦時中の’43年に帝国芸術院賞、’44年に朝日文化賞を受賞しました。やがて終戦を疎開先の石川県で迎え、金沢美術工芸大学の教授に就任、東京に戻ってからも’65年まで多摩美術大学の教授を務めるなど教育者としても熱心で、多くの優秀な画家を育てました。’47年には二科会会員だった熊谷守一や田村孝之介ら9名と共に「第二紀会」を創立、在野としては二科会を凌ぐほどの勢力を誇り、’67年二紀会として社団法人に認可されると初代理事長に就任し、没年までその発展に尽力しました。その他にも、安井賞選考委員、日本美術家連盟理事長、国際造形芸術家連盟日本国内委員長など、枚挙にいとまがないほど精力的に活躍し、’66年には日本芸術院会員に任命されました。没後30年余りが過ぎた現在まで、その画業を賞賛する声が止むことはなく、毎年のように遺作展が開催され、’80年小松市立博物館分館に宮本三郎記念美術館が建立、’81年財団法人美術文化振興会により「宮本三郎記念賞」が創設、2000年小松市立宮本三郎美術館が開館、さらに2004年には、世田谷美術館分館として宮本三郎記念美術館がオープンしました。作品は、東京国立近代美術館、石川県立美術館、茨城県近代美術館など全国各地の美術館に所蔵されています。
1905年 石川県出身
1920年 画家を志して小松中学校を中退し上京
      川端画学校で藤島武二らに学ぶ







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク