黄檗宗 隠元隆琦 逸然性融 「布袋画賛」 中国人 明末清初

来月、 同僚の 田中と どこかに遊びに行こうと いう予定をたてた。


う~ん、そうだなあ、 ゆっくりできるところに 行くことにしよう。








黄檗宗 隠元隆琦 逸然性融 「布袋画賛」 中国人 明末清初





価 格  :92,800円
終了予定:2016年08月21日21時59分

【逸然性融】
江戸前期の渡来禅僧。長崎興福寺三代。浙江省出身。逸然は字、浪雲菴と号する。正保元年に西来し、興福寺に住する。承応元年、明の黄檗山隠元禅師に書を送りその東渡を請う。のち隠元に従い教を受ける。画を好み長崎における漢画の祖と称せられた。寛文8年(1668)寂、67才。
【隠元隆琦】
江戸前期の渡来禅僧。福建省生。隠元は道号、法諱は隆琦。福州黄檗山万福寺で出家、密雲円悟に師事する。のち費隠通容の法を嗣ぎ、万福寺住持となる。長崎興福寺の逸然性融らに招かれて来日。摂津普門寺を経て、宇治黄檗山万福寺開山となる。明の法式に則る黄檗禅を広め、後水尾天皇ら公武の厚い帰依を集めた。書・画・漢詩に優れ、黄檗三筆の一人。延宝元年(1673)寂、82才。
【作品状態】
絹本 象牙軸 肉筆、真筆保証 金襴三段表装風帯付き ウブ幅 桐箱入り 中身寸法102.5×37 中身絹に少し時代等あり 幅自体しっかりしています ※『黄檗禅林の絵画』から逸然性融の資料を載せましたので参考にして下さい よろしくお願い致します
※ご入札は画像・説明をよくご覧になり、ご納得の上でお願い致します
※印のない作品については基本的に全て肉筆保証とだけ記載致しております
何か解からない事が御座いましたら入札する前にご質問下さい







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク