真作保証 織田広比古80号裸婦展覧会出品作名鑑952万最高作

よっしゃこ~い、よっしゃこ~い!

この時間も 人物画 にまつわることを 詳しく ググろうかな?

って、 ・・・


さっき ヘルスメーターにのったら 一週間くらいまえ から比べたら ほんの少しだけど減っていた。



よっしゃ~~~!!!



チキンナゲット や 甘い物 なんか全部 我慢して よかったよ~www









真作保証 織田広比古80号裸婦展覧会出品作名鑑952万最高作





価 格  :101,000円
終了予定:2016年07月26日23時47分
保険業法の改正に伴い今後配送代は元払いとなります。詳細は一番下をご覧ください。簡単決済でお支払いの場合は私共への記帳への反映は数日後ございます。また、ヤフーのシステム上ご入金お礼のお知らせ通知がなく、数日後の発送連絡のみしかできません。これはシステム上でのことですのでご了承ください。入金確認の連絡、早急な発送等をご要望の方はお受けできません。大きな作品以外1週間以内に発送は通常完了しておりますのでご安心ください。心配性な方、神経質な方はご入札をご遠慮ください。
確認はとれてませんが、本作は展覧会出品作品と聞いております。
■落札後のお客さま都合のキャンセルは、お断りさせていただいております。
■私共が以前、出品致しました作品が「開運!なんでも鑑定団」に登場し、450万円という高額のハンマープライスを記録致しました(ヤフオクでの落札のなんと5倍以上)。同番組でもネットオークションについて触れられておりました。私共が出品致しました作品が同番組で取り上げられるのはこれで2回目です(前回は8倍の600万円のハンマープライス)。また、先日出品致しました作品が美術館に所蔵されました。今後とも素晴らしい作品を出品致しますのでご期待ください。
■先日、以前私共が出品致しました西村計雄画伯の作品が、ご遺族が運営されています美術館に所蔵されました。同作は、異国の地パリで画伯が初めての個展を開催した際に出品された作品で、美術館には下絵とポスターしか残っておらず、まさに幻の一枚でした(私共でもかなり初期の貴重な作品と推定しましたが、まさかこれほど歴史的な個展に出品された作品とは夢にも思いませんでした)。ご遺族も作品に対面し大変感激されておりました。お近くにお越しの際は、画伯のアトリエも大切に残されております美術館に是非お立ち寄りください。
■最近、購入意志のない落札、いやがらせを目的とした評価が多発しております。新規および過去に取り引きのない方は、入札を取り消させて頂く場合がございます。参加ご希望の方は、ご連絡下さい。
■オークション終了後、弊社からは取引ナビより連作させて頂いております。それ以外からメールを送信することはございませんのでご注意ください。
作家評価:美術名鑑 80号=952万円
街灯の燈る深夜、街角で楽しげに佇む若い女性の姿が描かれています。キュートな少女たちは、ソバージュの髪型に鼻筋の通った容姿で、暗色の画面を明るく輝かせています。街角をテーマにした本作は、織田広比古の代表的なモチーフであり、繊細な筆触と甘美な色合いがキャンバスの上で光彩を放っています。夜空の色と窓から見える室内灯のオレンジのコントラストは美しく響き合い、ムーディでロマンティックな場面を演出し、登場人物のデフォルメのきいたフォルムが、まるで音楽に合わせて優雅に揺れ動いて見えます。夢の中のようなファンタジックなムードに満たされた作品で、誰しもが優しい気持ちになるに違いありません。
黄昏や宵闇を背景にしたメランコリーな色調の中に、ロマンチックな情景を描き出した織田広比古。1953年(昭和28年)東京都出身の画伯は、日本芸術院会員の織田広喜を父に持ち、’76年に東京造形大学を卒業、銀座兜屋画廊を皮切りに各地で多くの個展を開催し好評を博しました。’83年の日伯美術展で日伯賞を受賞、’85年に初出品した二科展では特選に選出されました。以後は、二科展を中心に作品を発表し、’88年パリ賞を受賞、’90年会友となり、’94年に会友賞を受賞、’96年には会員に推挙されました。その他、’86年現代日伯美術展MOA美術館賞、’88年上野の森絵画大賞展フジテレビ賞など、数多くの受賞歴を誇りました。作品の多くには、繊細な女性と共に楽器や月などの優雅なモチーフが登場し、抒情性に富んだセンシティブな絵柄で洋画ファンを魅了し続けています。2009年に56歳の若さで惜しまれつつ他界しましたが、柔らかな色彩に浮かぶ仄かな光は、彼方へと続く道を照らす灯火のように、鑑賞者を優美な絵画世界へと誘います。







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク