真作保証 東郷青児15号鑑定付高島屋特注作名鑑4200万掲載同種作

という訳で・・・ 元気出していきまっしょい! うおりゃ~~!!!



そんなこんなで 相も変わらず 人物画関係の ヤフオクについて 調べていくことにしましょう。









真作保証 東郷青児15号鑑定付高島屋特注作名鑑4200万掲載同種作





価 格  :44,500円
終了予定:2016年05月31日23時30分
保険業法の改正に伴い今後配送代は元払いとなります。詳細は一番下をご覧ください。
本作には、東郷青児童鑑定委員会鑑定証が付いています。
本作は、昭和40年日本橋高島屋全館増築新装記念として特別に描かれ販売された東郷青児の傑作です(高島屋の建物は、創建時の名称は日本生命館。日本生命が建設し高島屋が借り受け、一部を日本生命東京総局が事務所として使用していましたが、昭和38年に日本生命が転出。戦後復興から高度経済成長期に増築、改築を繰り返し、昭和40年には1街区を占める店舗となりました)。
本作は、「東郷青児画集」(講談社)に掲載されている代表作である「花籠」(1958年)の進化系ともいえる名品で、本作が描かれた1965年の作品に特徴的な表情など非の打ちどころのない名品中の名品です。
■落札後のお客さま都合のキャンセルは、お断りさせていただいております。
■私共が以前、出品致しました作品が「開運!なんでも鑑定団」に登場し、450万円という高額のハンマープライスを記録致しました(ヤフオクでの落札のなんと5倍以上)。同番組でもネットオークションについて触れられておりました。私共が出品致しました作品が同番組で取り上げられるのはこれで2回目です(前回は8倍の600万円のハンマープライス)。また、先日出品致しました作品が美術館に所蔵されました。今後とも素晴らしい作品を出品致しますのでご期待ください。
■先日、以前私共が出品致しました西村計雄画伯の作品が、ご遺族が運営されています美術館に所蔵されました。同作は、異国の地パリで画伯が初めての個展を開催した際に出品された作品で、美術館には下絵とポスターしか残っておらず、まさに幻の一枚でした(私共でもかなり初期の貴重な作品と推定しましたが、まさかこれほど歴史的な個展に出品された作品とは夢にも思いませんでした)。ご遺族も作品に対面し大変感激されておりました。お近くにお越しの際は、画伯のアトリエも大切に残されております美術館に是非お立ち寄りください。
■最近、購入意志のない落札、いやがらせを目的とした評価が多発しております。新規および過去に取り引きのない方は、入札を取り消させて頂く場合がございます。参加ご希望の方は、ご連絡下さい。
■オークション終了後、弊社からは取引ナビより連作させて頂いております。それ以外からメールを送信することはございませんのでご注意ください。
作家評価:美術名鑑 15号=4,200万円 







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク