大谷郁代(写実画のすごい世界Ⅱ掲載作家)リアリズムHP掲載10号

愛しあってるか~い?


いつものように 人物画 の噺を

ちょこっと 調べようかな?

なんてことを、 考え中・・・



やせるには 米のご飯を食べないのが よいらしいんだけど なにがあっても 我慢できそうにない。


なにもしないで ダイエットできる手段は ありませんよね・・・ (≧艸≦*)








大谷郁代(写実画のすごい世界Ⅱ掲載作家)リアリズムHP掲載10号





価 格  :85,000円
終了予定:2016年12月27日22時55分

大切な今とまだ見ぬ未来を 優しく包み込む光の表現に 印象派の巨匠を見た
パステルを用いて光の影の表情をやわらかに描き出すのが、大谷郁代の作風。彼女は近年“旅”をテーマにした作品を発表している。その理由を「人は今いる場所の大切さを感じながらも、どこかに何かを見つけられるかもしれないと期待している。幸せはすぐそばにあるかもしれないのに、まぶしい何かを求めずにはいられないから」と語る。こういった思いは時に不安や好奇心として顔を覗かせ、人を旅に駆り立てる。
たとえばバレリーナをモデルにした作品では、成長する少女の姿に未来への旅立ちを予感させてくれる。また、日常を慈しむような視点で描かれた情景は、現在を優しく包んでくれるようだ。そしてその優しい画面には、窓辺から差し込む微かな光であったり、カーテン越しの柔らかな光が、さまざまな白として描かれているわけだが、その効果はどこか印象派の巨匠、ルノワールの作品を彷彿させる。思えばルノワールもさまざまな光を描き分けるのが得意だった。画材の違いはあれど、求める根幹は近いのかもしれない。
~「写実画のすごい世界Ⅱ(月刊美術編・実業之日本社/2013年12月)」より~
【作家名】 大谷郁代
【作品名】 Kissing Alley
【作品について】
 ・サイズ:M10号:画寸タテ53cm×ヨコ33.3cm
 ・技法 :パネルに貼付した紙にパステル・木炭・アクリル







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク