【真作】平野遼 油彩画3号 人気物故 孤高の画家 秀逸な色彩とマチエール まさに名画です

3日前に 読んだ物語は 楽天で頼んだ 山本文緒 ちょっと前の本 でしたが、


面白かったか?っていうと・・・    時間の無駄だった。 ツカレタ・・・w








【真作】平野遼 油彩画3号 人気物故 孤高の画家 秀逸な色彩とマチエール まさに名画です





価 格  :142,000円
終了予定:2018年07月27日23時48分
★平野 遼(ひらの りょう)
人間と社会の闇を凝視し、幻想的な作風で新しい造形表現を追求した平野遼。1927年(昭和2年)大分県出身の画伯は、間もなく北九州八幡に移住、独学で絵画を学んだ後に上京し、’49年の新制作展で初出品初入選を果たしました。しかし体調を壊し、翌’50年には北九州に戻り小倉でアトリエを構え、最期まで同地で制作を続けました。’57年南画廊で初個展を開催、’58年に自由美術家協会の会員に推挙され、’62年安井賞候補展に出品、’64年には自由美術家協会を退会して主体美術協会の創立に参加し会員となりました。’75年に主体美術協会を退会してからは無所属で、主に個展を中心に作品を発表、’87年に北九州市立美術館などで回顧展「平野遼の世界展」が催された他、’89年日動画廊、’90年東京セントラル美術館、’91年下関美術館などで個展が開催されました。晩年は水墨画にも取り組み、たびたび画文集が出版され人気を博し、’87年西日本文化賞を受賞しました。作品は、福岡県立美術館、北九州市立美術館、大分県立芸術会館などに所蔵されています。
【略 歴】
1927年 大分県出身
1949年 新制作展初出品初入選
       前衛美術展出品
1950年 東京より帰郷し、小倉にアトリエを構える
1957年 初個展開催(南画廊)
1958年 自由美術家協会会員推挙
1959年 日本アンデパンダン展出品







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク