【掛け軸】 雪舟等楊 「渡唐天神」 徳川家光より拝領品とあり

ちょっと前に、 甥っ子 にあったから、 最近のトレンドを 訊いたら、


PS4 が流行の最先端らしいんだが、 全然意味がわからないw








【掛け軸】 雪舟等楊 「渡唐天神」 徳川家光より拝領品とあり





価 格  :33,500円
終了予定:2016年11月27日21時31分

大猷院について→http://rinnoji.or.jp/precincts/taiyuin
梶左兵衛佐定良について→http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5518.html
【大猷院】
徳川三代将軍「家光公」の廟所(墓所)で、境内には世界遺産に登録された22件の国宝、重要文化財が建ており、315基の灯籠も印象的です。祖父である「家康公」(東照宮)を凌いではならないという遺言により、金と黒を使用し重厚で落ち着いた造りになっています。
【雪舟等楊】
室町中・後期の画僧。水墨画の大成者。備中赤浜生。京都に出て相国寺に入り、周文について画法を習得。のち山口で画房雲谷庵を営む。また遣明使に随行、元・明の山水・花鳥画を学ぶ。帰国後は各地を旅した。永正3年(1506)寂、87才。
【梶左兵衛佐定良についての記事】
徳川家光の寵童の1人に梶左兵衛佐定良がいる。定良は伊勢長島の菅沼氏の一族であったが寛永3年に徳川家光が後水尾天皇の二条行幸のために上洛した際その列の中から見出され、嗣子のなかった旗本の養子となって家光に近侍した。家光の死後4代将軍徳川家綱は当時600石であった定良を1000石に昇進させると共に日光にある家光の廟を守ることを命じた。以後47年定良は一日も欠かすことなく廟に詰め、後に寛文の五賢人のひとりに数えられたという。
【作品状態】







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク