【掛け軸】 白隠慧鶴 「草坐達磨」 江戸中期の僧 500年に一人の天才 真筆保証

ちわ!


いきなりですが、来年までには横浜みなとみらい万葉倶楽部まで行ってみようと思ってますが・・・。
計画倒れに終わったりして・・・。

まだ誰と行くか決まってないのですが・・・。



突然話変わるけど昼食はフォルクスで摂りました


我が家からかなり近いので






【掛け軸】 白隠慧鶴 「草坐達磨」 江戸中期の僧 500年に一人の天才 真筆保証





価 格  :58,000円
終了予定:2018年01月28日21時13分

【白隠慧鶴】
江戸中期の臨済宗の僧。駿河生。勅謚は初め神機独妙禅師、のち正宗国師。15才で松蔭寺単嶺祖伝に就いて出家、慧鶴と称する。のち美濃の瑞雲寺馬翁宗春、伊予の正宗寺逸禅、越後の英岩寺性徹らの門を歴参。享保3年(1718)妙心寺第一座となる。東嶺円慈・遂翁元盧らを育て、臨済禅の中興を成し遂げ、よく民衆に禅を広めた。明和5年(1768)寂、84才。
【作品状態】
紙本 木軸 真筆保証 裂三段表装貼り風帯仕立て ウブ幅 桐箱入り 中身寸法67×28 本紙に少し時代等あり 幅自体しっかりしています ※印の画像の隣に『白隠禅画墨蹟』から印譜を載せましたので参考にして下さい よろしくお願い致します
※ご入札は画像・説明をよくご覧になり、ご納得の上でお願い致します
※自己紹介欄にも記載しておりますが正式な鑑定機関が通らなかった場合には返品に応じます
※何か解からない事が御座いましたら入札する前にご質問下さい









楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク