【掛け軸】 白隠慧鶴 「楊柳観音・画賛」 通山宗鶴の箱書きあり 江戸時代中期の僧 500年に一人の天才 真筆保証

ナマステー (●゚∀゚)ノ

毎度の事ながら 人物画 にまつわる話を ちょぴ~り 調べてみようカナ?

などと 思ってます。



仙台の オバさんが 肺癌 で入院中 らしい (≧з≦)



オペ して 再起した らしいんだけど・・・







自分自身、 患い のことを 気を配ろう・・・









【掛け軸】 白隠慧鶴 「楊柳観音・画賛」 通山宗鶴の箱書きあり 江戸時代中期の僧 500年に一人の天才 真筆保証





価 格  :91,000円
終了予定:2017年11月05日21時48分

【白隠慧鶴】
江戸中期の臨済宗の僧。駿河生。勅謚は初め神機独妙禅師、のち正宗国師。15才で松蔭寺単嶺祖伝に就いて出家、慧鶴と称する。のち美濃の瑞雲寺馬翁宗春、伊予の正宗寺逸禅、越後の英岩寺性徹らの門を歴参。享保3年妙心寺第一座となる。東嶺円慈・遂翁元盧らを育て、臨済禅の中興を成し遂げ、よく民衆に禅を広めた。明和5年(1768)寂、84才。
【通山宗鶴】
臨済宗の僧。愛知県生。道号は茂林、室号を聴松窟。静岡龍沢寺で通山宗密について得度、後に山本玄峰に嗣法する。静岡松蔭寺十七世。妙心寺派京都八幡円福寺僧堂師家。昭和49年(1974)寂、83才。
【作品状態】
紙本 漆塗撥軸 真筆保証 金襴三段表装風帯付き ウブ幅 通山宗鶴の箱書きあり 中身寸法56.5×15 本紙に少し時代等あり 幅自体しっかりしています ※読みは「慈眼視衆生福壽海無量」です ※印の画像の隣に『白隠禅画墨蹟』から印譜を載せましたので参考にして下さい よろしくお願い致します
※ご入札は画像・説明をよくご覧になり、ご納得の上でお願い致します
※印のない作品については基本的に全て肉筆保証とだけ記載致しております
何か解からない事が御座いましたら入札する前にご質問下さい







楽天市場でも【 人物画 】を探してみる


Leave a Reply

スポンサーリンク